簿記の資格を取っておくべき?!就職に有利になる可能性が高い資格のひとつ

簿記の資格があることはメリットがある

最近の事務職の転職求人を見ると簿記の資格を持っていた方が良いと思われる案件が多くみられます。中小企業であれば総務、人事や経理といった事務仕事を全て少人数でこなすところも多いために、スペシャリストよりもゼネラリストである方が好まれることが多いです。その経理業務において第三者にその能力をアピールする上で効果的なのが簿記の資格です。日商簿記三級や二級といった資格を書かれている求人が多く、それらのレベルの知識があれば転職もしやすくなります。

簿記資格では実務的な知識も必要

商業高校では簿記の資格を在学中に取得することを目標にしているところも多いです。そのため商業高校の卒業生であれば簿記試験には抵抗なく、また下地もあるために更に高い資格へ取り組みやすいです。また大学で簿記論等を学んだ学生の中には興味を持って、また大学のゼミ等でも取得することが就職に便利であると知ることも多く、それをきっかけに簿記の資格を目指す人も多くいます。ただ、大学では一般論の勉強であることが多く、実際の試験問題には実務的な問題が多くありその差を埋める努力が必要になります。

簿記の勉強方法の選択肢はいろいろとある

そのため学校が終わった後に専門学校に通って簿記資格試験に臨んだりする人も多いです。しかし通学の場合には比較的受講料が高かったり通学するにも時間を取られたりすることもあります。そのため比較的安い通信教育で学んだりする人も多いです。通信教育の場合には自分の空いた時間に取り組むことができ便利ですが、計画的に取り組むための実行力が必要になります。そのため最近ではインターネットを活用して講義を聞いたりすることができるような環境を提供しているところもあります。

現在のビジネスパーソンの必須スキルといえば、英会話、パソコン、そして簿記です。簿記の講座で学ぶことも知識習得の近道なので、検討してみてもよいかもしれません。