税理士になるには?受験資格や勉強法を知る!

高卒から簿記検定を経て受験する

国家資格の中には受験資格が設定されているものがあります。難関資格として知られる税理士は、学歴としては大卒レベルでないと受験ができません。では高卒などでは受験ができないかですが、それ以外でも受験資格が得られます。簿記検定の最高峰の1級を取得することが出来れば、受験資格を得ることが出来ます。簿記検定自体は誰でも受験でき、2級や3級を取得しておく必要もありません。簿記検定の勉強をしていれば、受験科目の勉強も同時に行えます。

毎年少しずつ合格科目を増やす

国家試験の合格のために、試験が課されることがあります。一度の試験で全科目に対する合格点を必要とする試験もあります。税理士試験の場合、5科目の合格が必要ですが、これらは科目合格が可能です。つまりは、一度にすべて合格する必要はありません。ですから、毎年少しずつ合格科目を増やすことで合格できる場合があります。実際、一度にすべて受験して合格する人はほとんどいません。その方が非効率になります。計画的に合格科目を増やすようにします。

専門学校に通って勉強する

税理士の受験資格は、大卒や簿記検定の合格者などになっています。それらを満たしていれば、後は自由に勉強をして受験すればよくなります。ただ、独学が難しい資格として知られています。各科目には担当委員が設定され、大学教授や学者、国税の専門家などが試験の作成を担当します。それらの委員の研究も必要になります。専門学校であれば、担当委員に合わせたカリキュラムなどを作成してくれます。独学で行うよりも、資格を取得しやすくなります。

税理士の講座を受ける事によって、試験に対しての専門的な対策と傾向を把握出来ますので、試験対策には最適です。