行政書士は難しい?受験資格や受験科目は?

受験資格は特に設定されていない

国家資格、特に法律系、ビジネス系の場合には一定の受験資格が設定されることがあります。司法試験なら法科大学院の修了が必要です。では行政書士の場合はどんな受験資格が必要かです。今のところは特に設定はされていません。誰でも受験することが出来ます。高校を卒業していないといけない、18歳以上でないといけないなどの決まりもありません。取得したいと思いたったときにすぐに勉強始めることができ、願書などを出して受験をすることが可能です。

試験科目は法律関係が中心

法律と言いますと難しいイメージがあるかもしれません。法律のスペシャリストである弁護士などになるのが難しいからでしょう。でも、身近な法律もあります。法律には意外に当たり前のことも多く定められています。行政書士は、法律系の資格として人気があり、司法試験に比べると難易度はかなり低くなります。試験科目としては法律系が中心になるので、対策時には学んでいくことになります。出題形式はマークシートなので、文章を理解する勉強をしていきます。

専門学校や通信教育などで勉強する

行政書士試験は、1年に一度行われる国家試験です。事前に対策を取っていれば、合格することも可能になります。方法としては、まずは専門学校に通う方法があります。最新の試験に対応したカリキュラムを講師から直接受けられます。その他、通信教育の講座も多く設定されています。こちらも最新の内容に対応しています。書店には対策本なども出ているので、それらを利用することで独学で準備をすることも可能です。独学時は、情報収集をしっかりするようにしましょう。

近年難化傾向にある行政書士の試験。試験に合格するためには過去問対策が必要です。最低でも10年分の過去問をつぶしておきましょう。