公務員になるにはどうすればいい?勉強法ほうとは?

公務員試験って一体なに?

公務員になるためには、採用試験に合格して採用される必要があります。不景気が続く日本では、将来的な安定が見込める公務員人気は依然として高く、採用試験も難しくなっている傾向があるので、できるだけ早く対策を立てておく必要があります。一口に公務員といっても、その種類は様々です。当然必要とされる知識や試験科目、難易度なども変わってきます。また最終学歴や年齢など細かい制限が設けられ、細分化されているのも特徴の一つです。早めの情報収集を心がけましょう。

試験を突破するための勉強方法とは

なりたい職種がきまり、試験内容を確認したら勉強をスタートすることになります。勉強方法は大きく分けて独学、通信、通学といった3つが考えられます。独学の場合、モチベーションの維持や情報収集をしっかりと行う必要があります。自分のペースで勉強できて費用もかからないものの、全て自分でやらなければならないので大変です。その点だけ覚悟しておく必要があります。一番確実に勉強できるのは予備校などに通う方法ですが、費用はかかります。通っているだけで安心してしまうというケースもあるので、注意が必要です。

面接対策をしっかりと!

無事筆記試験を突破しても、その後には面接があります。筆記試験ばかりに気を取られ、対策なく面接に臨むということのないようにしたいものです。面接でやりがちな失敗として「なぜ公務員になりたいのか」がうまく伝わらなかった、ということがあります。人の役に立ちたい、公共性のある仕事がしたい、というのは確かに立派な動機ですが、これは民間の会社でもできることです。なぜ民間会社ではなく公務員を志望したのか、きちんと答えられるようになっておきましょう。

公務員になりたいと本気で考えている人は、公務員の講座を受けるのが一番の近道なので、悔いの内容に勉強しましょう。